Top Challenges for Japanese Companies in the U.S.

日本国内市場での需要が減少していく昨今、日系企業の将来はいかに日本国外の市場と関わっていくかにかかっていると言われております。
日本のビジネスリーダー達はより大きな市場に進出していくのに最適な方法を考え、実行に移していく必要があります。数ある市場の中でもアメリカは日本企業にとってその市場の大きさや、付加価値の高い日本商品を販売するという面で大変魅力的な市場だと考えます。
シリコンバレーを訪問した安部総理は「日本の素晴らしい技術を持ち、やる気に満ちあふれる優秀な人材に、思い切ってシリコンバレーに飛び込んでもらおう。日本の中堅・中小企業に、シリコンバレーの荒波に漕ぎ出してもらおう。」とスピーチされております。

下記は日系企業がアメリカで困難を抱えている5つの理由です。 
1. 言語とメッセージ
直接英語に訳すことが難しい言葉、理解するのが困難なコンセプトが多数存在します。アメリカのビジネスリーダーは日本企業の商品の特徴や優位性を理解することが出来ないということがよくあります。そのような状況では他の商品と比較しどこが特に勝っているのか、どこに付加価値があるのかを正確に伝えることが出来ません。
2. 商習慣の違い
営業、マーケティング、経営企画のスタイルが日本と大きく異なります。多くの日本の経営者達がどのようにアメリカで新規顧客獲得し、成功していくのか分からずに悩んでいます。
3. 教育
日本の大学ではアメリカで通じる営業や実践的なマーケティングを教えておりません。実践的なマーケティング知識と経験の両方を持った教授が日本ではほとんどおりません。マーケティングの中には実際の仕事経験だけでは身に付くことが出来なかったり、多くの時間を要することが多々あります。
4. 営業戦略と実行
日本で通じることがアメリカではあまり効果的でないということが多々あります。日系企業はアメリカで効果的かつ効率的な営業モデルを立案するのに苦戦しております。ほとんどの企業がキーとなる営業戦略を見つけられないでいます。
5. 十分なコネクションがない
ほとんどの企業が大口顧客のキープレーヤーとの信頼関係を築くのを困難に感じています。また日系企業はパートナーとの信頼関係を築くのにも、大変時間がかかっております。

ビズクエストはどのようにしてこれらの困難を解決して日本とアメリカの架け橋になるかを理解しています。

ビズクエストはこれまで様々な業界で多くの日系企業(京セラ株式会社、エイキット株式会社、株式会社ワークスアプリケーションズ、株式会社ゲオ 同志社大学 その他多数企業)に対してアメリカでの売上向上、顧客獲得のためにサービスを提供して参りました。

より詳細情報にご興味のある方はこちら: vizquest.jp

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *